住宅営業の基本/「3つの基本」を認識する

 
 

「営業の基本」をシッカリと認識する

住宅営業の業務は受注し利益を上げていくこと。このことは当たり前で、大事なことはどのようにして受注し利益を上げるかなのです。それには、住宅営業の基本をシッカリと認識しておく。

住宅営業の基本についての考え方はいろいろあると思いますが、住宅営業の役割業務である“受注契約をする”という側面からみますと、3つの基本があり、そして、この3つの割合が1/3にほぼ等分していることです。

 

目次

1.3つの営業基本

1.1.「良いお客さん」に出会うこと

1.2.「営業プログラム」を進めること

1.3.「誠実さ」は昔も今も変わらない

2.住ブレーンの提唱

 
 

3つの営業基本

迷った時や進まない時、あるいは複雑になり過ぎた時「基本」に帰ると解決することが多い。「基本」は結構単純でわかりやすものです。

住宅営業も同じことが言えます。営業で悩んだり、障壁が出た時、回答が見えなかった時、「基本」に帰って考える「基本」に帰って確認する「基本」から見直す‥‥‥。で解決することが多いのです。

「良いお客さん」に出会うこと

良いお客さんとは、好ましい関係で営業を進めていけるお客さんです

住宅営業は、お客さんに出会えなければ営業活動ができないわけですから、良いお客さんに出会えることが望ましい。良いお客さんとは、“好ましい関係で営業を進めていけるお客さん”です。

どうしたら、そんな良いお客さんに出会えるのでしょうか?多くの工務店は、偶然性を期待して、現場見学会、セミナー、チラシ、ホームページ‥‥等いろいろあるが、どの方法も期待通りとはいかないようです。

「営業プログラム 」を進めること

住宅営業の実務は、契約までの営業プログラムを進めていくとです

営業マンの 仕事は単なるアドバイザーではなくプロデューサーです。実務的には2つの業務があります。

1.コンサルティング

2.マネジメント

この2つの業務はに“契約までの営業プログラムを進める”という流れで進めて行きます。“営業プログラム”は“建築プログラム”とは違います。建築プログラムは、設計担当者・工事担当者が主に進めていく業務・作業ですが、営業プログラムは、営業マンが進めていく業務・作業です。

「誠実さ」は昔も今も変わらない

営業は“営業マンの人柄が基本”

同じ言葉を話しても、お客さんの受け取り方は営業マンの人柄に影響されます。営業の仕事にかかわらず、ビジネスワークは“誠実さ”が大切なことは今も昔も変わらぬことです。

営業は“営業マンの人柄が基本”となっていることを忘れてはいけないことだと思います。

住ブレーンの提唱

お客さんと良好な関係で、営業業務を進めていく

営業業務は、“営業プログラム”は「サイバネティックス」理論を基本にした考え方で、パソコンで体系化された「データベース」や「インターネット」を活用して営業を進めていきます。

以前は、工務店はお客さんより建築情報を多く持つ優位性で営業を進めることができた。しかし今は、お客さんは自由に望む情報を気軽に手に入れることができ、工務店の情報を持つ優位性は薄れてしまった。

これからは、インターネットを活用しながら情報を共有化してオープンに営業を進めて行く方が信頼されれます。

住ブレーンは、良いお客さんに出会える仕組みづくりをしています。また、営業マンとお客さんが打合せをする前に、“好ましい関係で営業を進めていける”ような環境づくりをしています。

  「住学教室へ案内する」業務

「詳細サイト」のご案内

住ブレーンは「住学教室」を開設してくれる工務店を募集しています。
詳細は「詳細サイト」でご覧になれます。

「詳細サイト」のご案内はこちら

 業務案内

「住学教室」の構築業務

「集客の仕組み」の構築業務

「集客業務の代行」の業務

「コンサルティング」の業務

よくある質問

 工務店、持続可能な成長

工務店が存続し続ける

集客の創造・顧客の創造

「受注力」を高める

「存在価値」を高める

「集客力」を高める

「営業力」を高める

「提案力」を高める

 詳細サイト

「詳細サイト」ご案内

「詳細サイト」閲覧

 ケーススタディ

工務店の「存続」

工務店の「集客」

工務店の「営業」

 運営

ごあいさつ

運営企業の概要

パートナー募集

実践(会員)

住学教室

集客実務

営業実務

 
 
 
 
 

© 2013-2019  SUMAI-BUILCOM