「詳細サイト」のご案内

 
 

受注業務を強化する

工務店の業務を経営という視点からみると、2つの業務があります。

1.受注する業務、具体的には「集客」と「営業」の部署

2.供給する業務、具体的には「設計」と「施工」の部署

景気の変動・住宅需要の変化・競合相手の出現‥‥等、どんな逆境にあっても「集客」と「営業」は事業の存続には重要な課題です。特に「集客」は最重要課題です。

集客チラシ・ホームページ・Facebook・ニュースレター‥‥等、様々なことは既にやりつくしているでしょう。やりつくした時本気で「集客」を考えるに良い機会です。

 現場見学会に集客できなくなったのはチラシが悪いのではなく建築現場が悪いわけでもないのです。時代が変わったのです。今は従来の集客のやり方を根本から見直すことの良い機会です。

 

「住学教室」を活用して「集客の創造」と「顧客の創造」を

 

「住学教室」の3つの機能

1.他社と「差別化」になる

2.計画的に「集客」ができる

3.お客さんが「見込客」になる


 
 

「詳細サイト」を閲覧するメリット

「詳細サイト」はライセンス業務の内容を主にご案内していますが、下記は業務の実践事例です。読むだけでも、実戦的なヒントは得られます。

※「詳細サイト」の閲覧は、無料です。

 

 1.連鎖的にお客さんを増やす

この方法だけを徹すればお客さん探しの苦労から解放されます。

チラシでお客さんを探す方法ではありません。費用もかかりませんし社員の手間もかけることもありません。

一度お試しください。試して、期待する結果でなければこの方法を止めればいいことです。

 

2.短期間(2月〜3月)に受注高を上げる

早急に受注高を上げる方法を覚えておけば安心です。

早急に受注高を上げる方法です。この方法を覚えておくことは損はありません。

2月・3月先の受注の見通しがない時にこの方法で受注をします。又、運転資金に不安を覚えた時にはこのやり方で一時的に資金調達もできます 

 

3.「お客さんが離れていかない営業」をする

4.「差別化」で競合に勝つ

5.「小規模工務店」が10棟〜20棟を受注する

6.「即、営業実務」を始める

7.「計画集客」をする

 
 
「詳細サイト」閲覧申込み
 
お名前(経営者)
メール
  (確認)
質問

       

※工務店経営をしていない方や、コンサル業務の方は申込みをご遠慮下さい。

※フリーメール(yahooメールやGメール等のwebメール)ではご案内できないこともあります。

※自動返信メールは設定していません。メール受信後、24時間以内に返信します。

 

 業務案内

「住学教室」の構築業務

「集客の仕組み」の構築業務

「集客業務の代行」の業務

「コンサルティング」の業務

よくある質問

 工務店、持続可能な成長

工務店が存続し続ける

集客の創造・顧客の創造

【実戦戦略】

「受注力」を高める

「存在価値」を高める

「集客力」を高める

「営業力」を高める

「提案力」を高める

 詳細サイト

「詳細サイト」ご案内

「詳細サイト」閲覧

 ケーススタディ

工務店の「存続」

工務店の「集客」

工務店の「営業」

 運営

ごあいさつ

運営企業の概要

パートナー募集

実践(会員)

住学教室

集客実務

営業実務

 
 
 
 
 

© 2013-2019  SUMAI-BUILCOM