「住学教室」を開設してくれる良心的な工務店を全国で募集

 

「住学教室」を開設してくれる良心的な工務店を全国で募集します

住ブレーンは「住学教室」を開設してくれる良心的な工務店を全国で募集します。工務店の経営者はこのような考えや悩みを抱いたことはないでしょうか?

✔仕事には自信がある

・設計力と施工力には自信がある

・引き渡したお客さんには感謝されている

・お客さんの要望には十分応えられる

✔しかし、こんな悩みを抱いている

・集客力が弱く、お客さんとの出会いが少ない

・営業力が弱く、競合に負けてしまう

・忙しくて、住宅ノウハウづくりの時間がない

目次

1.「住学教室」を開設する3つのメリット

1.1.「集客の創造」ができる

1.1.1.「お客さんを増やす」ことができる

1.1.2.「集客力」が高まる

1.2.「顧客の創造」ができる

1.2.1.「関心客」を「見込客」へ

1.2.2.「営業実務」を始められる

1.3.「存在価値」が高まる

1.3.1.他にない「差異化」になる

1.3.2.「社会的な評価」が高まる

2.費用

3.提携される工務店

4.「詳細サイト」の閲覧申込み

「住学教室」を開設する3つのメリット

「存在価値」と「企業力」は工務店が存続するための必要条件です。存在価値があっても他社に負けない企業力がなければ受注競争で負けてしまう。企業力があっても社会的に存在価値がなければやがては市場から見放されてしまう。

「住学教室」は工務店側の「存在価値」と「企業力」を高めることができます。具体的に整理しますと下記のようになります。

 

「住学教室」を 開設するメリット

「住学教室」の特長

1.「集客の創造」ができる

1.「お客さんを増やす」ことができる

2.「集客力」が高まる

2.「顧客の創造」ができる

●お客さんを「探す」

2.「営業実務」を始められる

3.「営業力」が高まる

3.「存在価値」が高まる

1.他にない「差異化」になる

2.「社会的な評価」が高まる

「運営」の特長

1.費用や手間が少ない

2.マニュアル化されている

3.すぐに始められる

4.苦手な集客業務を任せられる

5.サポート費用は、成功報酬型

 

1.「集客の創造」ができる

「集客の創造」はお客さんを増やしていくことですが「価値と満足」が伴うことが望ましいわけです。チラシ広告は興味・関心を高めるいわば「欲望」に訴えるわけです。

これは向上心という側面からとらえますと決して悪いことではありませんが際限のないやり方になります。

「価値と満足」を満たそうとするのであれば各人各様に対応した方法になってきます。理由は「価値と満足」は各人各様によって異なるからです。

「住学教室」には各人各様に対応する多くのテーマがあります。それ故に「集客の創造」ができるのです。

「お客さんを増やす」ことができる

「お客さんを増やす」この課題はどのような企業にも共通しています。工務店も例外ではありません。工務店の成長を判断する時「昨年よりお客さんは増えていますか?」と質問することで概ね分かります。

「住学教室」を活用してお客さんを連鎖的に増やしていきます。増えたお客さんを「お客リスト」として整理し管理します。

〔お客リスト〕

1.既存客を整理・確認して、お客さんリストを集める

2.第三者の協力で、お客さんリストを集める

3.営業業務で、お客さんリストを集める

4.マーケティングで、お客さんリストを集める

「集客力」が高まる

「住学教室」は工務店がお客さんと出会える場です。ところが「お客リスト」は集客するのが困難なお客さんリストが多いのです。理由は「建築には関心があるが今は建築の予定はない」という方が多いからです。

住ブレーンはそのような「お客さんリスト」を「工務店側の住学教室」に案内する「集客業務の代行」をしています。集客業務代行の費用は成功報酬型(工事契約した時)です。従って、住ブレーンが工務店へお客さんを案内しても工事契約が成立しなければ費用は発生しません。

工務店側が住ブレーンと同じようなやり方をすれば成功するかもしれませんが困難が伴います。理由は、お客さん(お客さんリスト)側は工務店の案内業務に対して「商行為」の意識を持つからです。

それより、困難な集客業務を住ブレーンに任せて、工務店側は資金・時間・人材を「設計業務」と「施工業務」に集中する方が経営的には効率的です。

2.「顧客の創造」ができる

住ブレーンの「顧客の創造」とは「見込客を増やす」ことです。「見込客」とは建築意識や建築意欲が高くなって「営業実務」を始めることができるお客さんです。

 ”「お客リスト」は単なるお客さん情報”であって未だ「見込客」ではありません。「住学教室」への関心度が高まっても「顧客の創造(見込客)」にはなっていないのです。

お客さんリスト(お客さん)が「住学教室」に参加し「営業実務」を始めることになった時が「見込客」となりますので、その時が「顧客の創造」ができたと言えます。

しかし、見込客にならなくても「住学教室」に参加し「ファン」なってくれれば「顧客の創造」になります。そのようなお客さんはいつの日にか「見込客」になる可能性もありますし、お客さんを紹介してもらえるかもしれないからです。

「関心客」を「見込客」へ

「関心客」を「見込客」にすることができれば受注高を大きく上げることができます。現実に現場見学会やセミナーに参加する方の多くの方は「今すぐ建築予定はない」という方が多いのです。

また工務店側にある多くの「失注客(契約に至らなかったお客さん)」は住宅建築には関心があっても見込客にすることができなかったお客さんです。

そのような「住宅建築には関心があるが今すぐの建築予定はない」お客さんを「住学教室」に参加させれば「見込客」にすることができます。理由は「住学教室」には参加者の建築意識・建築意欲を高めるような「仕掛け」がいろいろあるからです。

「住学教室」を活用して「顧客の創造」をするには「住学教室」の内容だけでなく、話し方や進め方がより重要です。それに関してはインターネットを介して「運営マニュアル」で学ぶことができます。

※失注客のリストは個人情報になりますので住ブレーンはリストを直接受けとることができません。一定の手順でお客さんが住ブレーンのホームページを閲覧して申込みをすることになります。

「営業実務」を始められる

お客さんが「住学教室」に参加しても、お客さんと引き続き営業業務が進んでいかなければ受注にはなりません。つまり、お客さんと「『次回から営業実務』を始めます」というアポイントを取ることが重要課題となります。

「住学教室」には「『次回から営業実務』を始める」ことができるようにプログラム化されていますので、住学教室」を順に進めていけば自然にアポイントが取れるようになっています。

また、住ブレーンはお客さん(お客さんリスト)が「住学教室」に参加する前に「アポイント」をとれるような環境づくりをしています。

従って、参加者は「『営業実務』をやってみようか?」とういう思いは多少持っています。後は、営業担当者が「運営マニュアル」通りに進めていけばアポイントがとれます。

「『次回から営業実務』を始めます」というアポイントが取れた時に、お客さんは「見込客」となりますので「顧客の創造」ができたことになります。

「『次回から営業実務』を始めるアポイント」は、最初は緊張しますが2・3回繰り返せば慣れてきます。「運営マニュアル」に成功するポイントを解説していますので始める前に目を通してください。

「営業力」が高まる

注文住宅の営業は商品住宅を販売する営業とは違います。商品住宅であればその商品について建築知識があれば十分ですが、注文住宅の営業は建築知識だけではなく家族・生活・人生に関する深い思慮がなければできないのです。

注文住宅の営業は、企業側の商品住宅を売込むような営業ではなく、建築主を言葉巧みに住宅建築を進めていく必要もなく、話術的・技巧的な営業力を高めることを勉強会する必要もないのです。

「住学教室」の「成功する住宅建築」を一緒に進めていくことです。それは建築主側に立てば「価値の高い住宅建築」になり、工務店側に立てば「勝てるステージで勝てる営業をする」ことにもなります。

3.「存在価値」が高まる

工務店が存続していくためには市場で存在価値があることが重要です。どこにもあるように思われればお客さんは離れていきます。

存在価値は「1.他社にない価値がある」・「2.社会的な価値がある」ことが条件となるでしょう。「住学教室」はその2つの条件をクリア―しています。 理由は「住学教室」には「1.他社にないノウハウ」「2.建築主側にとって便利なノウハウでなく必要なノウハウ」があるからです。

他社との「差異化(差別化)」になる

ビジネス世界には競争があります。一般に、企業はノウハウを開発する時他社と比較をします。住ブレーンは住学建築のノウハウづくりは他社をそれほど意識をしないで、建築主側に立って「理想の住宅建築」を強く意識して開発しました。

出来上がったノウハウを確かめるために、他社の勉強会を探したのですが同じような勉強会はありませんでした。結果的に、どこにもない「『判断と選択の基本』を学ぶ」というテーマの勉強会になりました。

複雑で難解なことでも本質的なことは「単純で分かりやすい」ものです。住学教室で学べるテーマは105ありますが、どのテーマも本質的に整理されていますので熟考することなく理解することができます。

「差別化」は優劣を競うことになりますが「差異化」は他社との違いのことです。「差別化」は同じ課題で企業間の競争になりますが「差異化」は課題はお客さんに対応して様々です。

「差別化」は果てしない競争になります。時には消費者が望まない機能を追加する・望まない品質を主張するような過当競争にもなります。

「差異化」は他社を意識することより「顧客の価値と満足」を追求することが基本です。結果的に他社に負けない「差別化」にもなり、企業の存在価値が高くなります。

「社会的な評価」が高くなる

「住学教室」は利益追求型のビジネスというよりソーシャルビジネスに近い位置づけになります。背景に建築主側に立って思考された勉強会なので自然とそうなりました。

「住学教室」には学ぶテーマが多くあり、どのテーマも「判断と選択の基本」を学ぶことが原点になっています。また「どんな住宅建築を望むのか?」だけでなく「何故住宅建築をするのか?」「どんな暮らし方を望むのか?」「どのような家族関係を望むのか?」など、今後の「社会生活・家族生活・個人生活」に役に立つこと学べる勉強会です。

家族が真摯に今後の「社会生活・家族生活・個人生活」を話し合える機会は現実にはそれほど多くはありません。

「住学教室」では家族一人ひとりが考えを話し会って整理することができます。そのようなことができる「住学教室」を社会的に価値がある「ソーシャルビジネス」であると認識をしてますので、「住学教室」を多くの方にお知らせしているのです。

費用

企業がビジネスを継続していくには広告宣伝費をしなければお客さんは集めることはできません。広告宣伝は企業や商品を知らせる必要経費です。その方法は従来のチラシ広告・新聞雑誌広告‥‥、今ならホームページ・ブログ‥‥。いろいろです。

工務店も受注するためにも広告宣伝費はかかります。そして宣伝広告の効率性を求めるのは当然です。最も効率的な方法は 「工事契約ができたら支払う(成功報酬型)」でしょう。

住ブレーンの集客業務は成功報酬型(工事契約時)で工事金額の2%の費用が発生します。「2%」の費用には工事契約まで進めていくためのサポート業務・コンサル業務が含まれています。

住ブレーンとしては工事契約ができなければ儲けにならないから必然的にサポート業務・コンサル業務が伴うことになるのです。 住ブレーンは工務店側の「住学教室」へお客さんをご案内します。「住学教室」には多くの長所があります。それに関してはこの当ホームページでいろいろ説明しています。

工務店が「住学教室」を活用して集客する。工務店側が「住学教室」を活用して受注する。それに関する費用は住ブレーンへの支払いは一切ありません。費用が発生するのは住ブレーンが工務店側に案内したお客さんだけが対象となります。

 ※尚「住学教室」の開設には「ライセンス費用」が発生しますが、ライセンスの使用期間中に新築住宅の請負契約ができなかった場合には「ライセンス費用は全額返金」となります。

提携される工務店

「住学教室」の運営は工務店側に多くのメリットがありマイナスになることがほとんどありません。

工務店側は一人のお客さんを逃がしても次のお客さんはいますが、建築主側には「次の建築」はないのです。その責任の重さを認識しなければ「誇り」は口先のものになります。

誇りは「1.建築主への責任感」・と「2.他社にできないような価値を創造できるという自信」から生まれてくることだと思います。

元々会社には良い会社・悪い会社はありませんし、儲かる会社・儲からない会社もありません。良い社長か悪い社長・儲けの上手な社長か・儲けができない社長かのどちらかです。

住ブレーンは提携される工務店の過去の実績も経営状況もそれほど気にはしません。過去にそれほどの実績がなければこれからつくればいいことですし、利益が上がっていなければこれから上げればいいことです。住ブレーンには「存在価値」「集客力」「営業力」「設計力」を高めるノウハウがあります。「顧客の創造」ができるノウハウがあります。

 重要視するのは「社長の志や経営思考」です。何よりも住宅建築への基本姿勢です。見せかけはでなく、建築主側に立って住宅建築を進めていける真摯な姿勢です。

建築主側がいくら夢を抱いても、住ブレーンにノウハウがあっても、工務店側との協力がなければ実現できないことです。 建築業者側に「建築主側の望みを実現する熱意と企業力」がなければできないことです。その「熱意と企業力」は社長によって決まるからです。

住ブレーンが希望するのは「誇りと熱意」のある工務店です。 現実には工務店を判断することは相当難しい。時間をかけて何度も意思疎通をする方が良いのではなかろうかと考えています。

従って、価値観の違いや意見の相違で不本意ながらも提携できない場合がありますのでご了解をお願いします。下記の項目は住ブレーンの基本的な考えです。

〔住ブレーンの基本的な考え方〕

1.住宅建築への考え方

●建築主と工務店との理想的なビジネス関係

1.建築主側は、望む住宅建築をする

2.工務店側は、建築主の望みをサポートする

●住宅建築をすれば

1.建築主側は、望む住宅建築をすることで満足を得る。

2.工務店側は、サポートすることで「存在価値」と「企業力」を高めていける。

 2.企業経営への考え方

企業の目的は利益でなく「顧客の創造」である(ピーター・ドラッカー)。利益の源泉である顧客が増えれば利益は自然とついてくるという考え方です

(※)

1.募集は地域ごとに限定して行いますので先に申込しこまれた業者を優先します

2.建築主側も工務店評価しますのでその評価によって提携が解消されることもあります

 
 
 
「詳細サイト」閲覧申込み
 
お名前(経営者)
メール
  (確認)
質問

       

※工務店経営をしていない方や、コンサル業務の方は申込みをご遠慮下さい。

※フリーメール(yahooメールやGメール等のwebメール)ではご案内できないこともあります。

※自動返信メールは設定していません。メール受信後、24時間以内に返信します。

 業務案内

「住学教室」の構築業務

「集客の仕組み」の構築業務

「集客業務の代行」の業務

「コンサルティング」の業務

よくある質問

 工務店、持続可能な成長

工務店が存続し続ける

集客の創造・顧客の創造

「受注力」を高める

「存在価値」を高める

「集客力」を高める

「営業力」を高める

「提案力」を高める

 詳細サイト

「詳細サイト」ご案内

「詳細サイト」閲覧

 ケーススタディ

工務店の「存続」

工務店の「集客」

工務店の「営業」

 運営

ごあいさつ

運営企業の概要

パートナー募集

実践(会員)

住学教室

集客実務

営業実務

Information

 
 
 
 

© 2013-2019  SUMAI-BUILCOM