工務店側への「コンサルティング」

 
 

経営戦略は「長期目標」より「短期目標」

「10年後5年後の企業の未来像を設定し、その目標に向かって1年後の短期目標を設定する」の順で経営計画書を作成するあるいは経営戦略を考えることは現実的ではない。理由は10年後5年後の市場を予測することなどできないからです。

現実的なのが一年後の企業の未来像を決めてそれを達成する方法を思考することです。企業の未来像はいろいろ描けるかもしれないが、損益計算書・バランスシート・キャシュフローに整理します。どんな計画書であってもどんな戦略であても「数字」の明記は絶対条件だからです。

 

目次

□「受注高目標」を達成する

1.「受注高目標」を決める

2.「達成計画書」を作成

3.「PDCA」を実行する

 

「受注高目標」を達成する

住ブレーンのコンサルティングは「受注高目標」を達成するをサポートする業務となります。 

「目標」があれば「達成する」方法もいろいろ思考することができます。戦略・戦術を考えて決定するのは経営者であり、社長の決定を実施するのは社員となります。

人と対話をすることでいろんな問題や回答が明確になることが多いものです。戦略・戦術・実践の過程で対話の相手になれるコンサルティング業務です。 

目標達成の戦略・戦術を考え「達成計画書」を作成して実践しますが過程でいろいろ見直しがあるのが普通です。「戦術・戦略・計画書」の見直し検討することより「大事なこと」があります。それは「やり抜く」という情熱です。決定した経営者も実施する社員も「やり抜く」という情熱を維持することが重要です。

 

「受注高目標達成」の流れ

 

「受注高目標達成」を実践する

1.「受注高目標」を決める

2.「達成計画書」を作成

3.「PDCA」を実行する


 
 

「受注高目標」を決める

最初に「受注高目標」決める

「受注高目標」を決める時「どれくらいの受注高目標にしますか?」と伺えば「高ければ高いほどが良い」そんな回答が返ってきそうです。

それでは根拠のある「受注高目標」にはならない。達成意欲も下がるというものです。本来「受注高目標」経営計画書を作成しながら決めていくのですが「経営計画書」作成する方は少ないであろうから、

最初に「受注高目標の定め方」のポイントをお話をし、その後に 意見を聞きながら「受注高目標」を決めていきます。

 
 

「達成計画書」を作成

目標達成する戦略は経営者が考える

「経営計画書」の書式はインターネットで様々なモデル書式を探せます。銀行からも手に入れることができます。しかし、どんな書式も受注高を高める方法は教えてはくれない。

「経営計画書」で悩やむのは、「どうすれば受注高を達成できるのか?」「どうすれば多くのお客さんを集客できるのか?」「どうすれば競合にかてるのか?」‥‥。等の「達成戦略の方法は」経営者が自ら回答を探さなければならないことです。

経営者の仕事に「経営計画書」の作成があります。「経営計画書は何も立派なものを作成する必要はない。1年後の企業未来像を達成できる方法を描き、何度も何度も思考しながらまとめていきます。

「受注高目標達成計画書」も同じです。「受注高を達成する」方法を考え確信に至るまで思考し続けていきます。そんな業務のお手伝いをします。

 
 

「PDCA」を実行する 

「受注高目標達成」はPDCAで実行

「受注高計画書」ができれば実行をしていきます。何事もそうでしょうが「計画通りにはいかない」ものです。だから「計画書」が必要なのです。「計画書」をつくる過程でいろいろ思考したことは役に立ってきます。

「計画」を進めていく時、ビジネス業界で知られている「PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)を実践していくのが良いのではないかと思います。「受注高目標達成」も「PDCAサイクル」を実行していきます。

  受注高は社長の方針で決まる

 
 

「詳細サイト」のご案内

「住学教室」を開設してくれる工務店を募集しています。

詳細は「詳細サイト」でご覧になれます。

「詳細サイト」のご案内はこちら

 

 業務案内

「住学教室」の構築業務

「集客の仕組み」の構築業務

「集客業務の代行」の業務

「コンサルティング」の業務

よくある質問

 工務店、持続可能な成長

工務店が存続し続ける

集客の創造・顧客の創造

「受注力」を高める

「存在価値」を高める

「集客力」を高める

「営業力」を高める

「提案力」を高める

 詳細サイト

「詳細サイト」ご案内

「詳細サイト」閲覧

 ケーススタディ

工務店の「存続」

工務店の「集客」

工務店の「営業」

 運営

ごあいさつ

運営企業の概要

パートナー募集

実践(会員)

住学教室

集客実務

営業実務

 
 
 
 
 

© 2013-2019  SUMAI-BUILCOM