工務店/「集客業務」を委託して、本業で稼ぐ

 

集客業務を「アウトソーシング」する

工務店の業務を大きく分けますと「1.集客、2.営業、3.設計、4.施工」の各業務があります。そして、住宅会社によって得意な業務・不得意な業務があります。

多くの工務店にとって不得意な業務は「集客業務」でしょう。「集客」のために、チラシ広告・雑誌掲載・ホームページ・ブログあるいはSNSやfacaebook等を既にやり尽くしており、他に有効な集客方法は見つからない。

それなら発想を変えて、「集客業務」を外部の業者へ委託して、工務店本来の「設計業務」と「施工業務」で利益を上げていくことも一考です。そうすれば得意な業務へ経営資源である資金や人材を集中できる。いわば経営の効率化ができるようになる。

委託する側に立って、「集客業務」を依頼する時の検討課題を整理してみました。

 

目次

1.「集客業務」を委託する

1.1.委託業務の内容

1.2.費用と集客効果

1.3.集客の継続性

1.4.委託業者

2.住ブレーンの提唱

 
 

集客業務を委託する

どんなに営業力があっても集客してお客さんに出会えなければ営業ができないし、どんなに設計力があってもお客さんがいなければ仕事ができない。

経営が行き詰まるのは「お客さんを探せない」ことに起因することが多いのです。 設計業務や施工業務を協力してくれる業者はいくらでも探せます。

ところが、お客さんを探してくれる業者を探すことは非常に困難です。もしそのような業者に出会うことができたら大きな企業力となります。

委託業務の内容

「お客さんを、直接工務店側に紹介する」という委託業務

インターネットで「工務店、集客、委託」と検索しますと、多くの関連Webサイトがあります。よくよく内容を見ますと「ホームページやブログ」等のWebサイト関すること「チラシ広告やニュースレター」等の印刷物に関すること、あるいは「DMやメルマガ」等の通信セールスに関すること、他に電話セール‥‥いろいろあります。

他に、「マッチング」というビジネスモデルがあります。設計コンペや見積りコンペがその代表です。お客さんを紹介してくれますが、競合相手が多いことや利益率が低くなることが問題です。

集客を促進する部分的な業務を支援する業者が多く「お客さんを、直接工務店側に紹介する」という集客業務を請け負うような業者は見つからない。

ひと昔、工務店の世界にお客さんがお客さんを紹介するということがありました。今も工務店はそのような「紹介でお客さんが増えていく」ことを望んでいるのではないでしょうか?

費用と集客効果

費用が集客効果に対応しているような委託業者が望ましい

委託する「費用」や「集客人数」を確認することは当然の課題です。ビジネスは結果がわからないことには投資は慎重に、投資をするからには対価を求めるのは当たり前です。

どのような集客方法であっても集客効果を予測することは難しいでしょうが「やってみなければわからない」のでは困るわけです。

やはり費用に対する集客効果を検討するべきでしょう。 一方、企業イメージ広告や表示看板など集客効果を読めないことへの促進的な投資もありますが、費用と効果を検討するなら、費用が集客効果に対応しているような委託業者が良いのではなかろうか?

集客の継続性

一時的でなく、継続的に集客ができることが条件

どのような業界に「集客業務」しても直ぐには集客できることはないであろうが、一時的でなく継続的に集客ができることが条件になるでしょう。

継続的に集客できなければ継続的に受注をしていけなくなります。同様に、委託される業者側に新規客を増やしていける仕組みがなければ工務店へ案内するお客さんはすぐにも無くなってしまう。

この課題は請け負う業者側で対応することで委託する工務店側で解決すべき課題ではないでしょう。工務店側は委託する時に委託業者と「集客の継続性」を確認し検討することです。

委託業者

工務店側が望むような「集客業務」の請負型のビジネスモデルは難しい

上記は、工務店側に立って「集客業務」を委託する条件や要望を整理しました。一方、委託を受ける業者側に立って考えますと工務店側の条件や要望をすべて受け入れるビジネスは難しいかもしれない。

経営維持するために、会費を集めるあるいは集客成果とは連動しないホームページの作成やチラシ広告で利益を稼がなければならない。

しかし、困っていることを解決するビジネスは成功しますので、「集客業務」の請負型の業者はいずれ出てくると思う。

住ブレーンの提唱

「集客業務」の費用は成功報酬型

住ブレーンの「集客業務」は上記の工務店側の条件や要望に対応しています。費用は成功報酬型(工事契約成立時)で会費も登録料もありませんので、工務店側に資金的なリスクは全くありません。

それに、お客さんを増やしていく仕組みも出来上がっていますので、集客するお客さんを探す苦労もありません。

継続的に集客する」には「1.マーケティング戦略、2.仕組みづくりをする」に関し、住ブレーンと工務店側と十分な時間をかけて打合せをすることになります。理由は「マーケティング戦略・仕組みづくり」は工務店側の状況に対応して個別的に実践していくからです。

住ブレーンの「集客業務」は2つの業務です。

✔1.工務店側が探したお客さんを、住ブレーンが工務店へ案内する

✔2.住ブレーンが開拓した新規客を、工務店へ案内する

住ブレーンは「お客さんを探すノウハウ」で利益を得ているわけではありませんので「お金をかけないで、お客さんを探す」方法は無料で教えています。

お客さん探しは工務店が行い、探したお客さんを住ブレーンが工務店へ案内します。住ブレーンの利益は、案内したお客さんと工事契約が成立した時の紹介料です。

  代行費用

 
 

「詳細サイト」のご案内

「住学教室」を開設してくれる工務店を募集しています。

詳細は「詳細サイト」でご覧になれます。

「詳細サイト」のご案内はこちら

 

 業務案内

「住学教室」の構築業務

「集客の仕組み」の構築業務

「集客業務の代行」の業務

「コンサルティング」の業務

よくある質問

 工務店、持続可能な成長

工務店が存続し続ける

集客の創造・顧客の創造

「受注力」を高める

「存在価値」を高める

「集客力」を高める

「営業力」を高める

「提案力」を高める

 詳細サイト

「詳細サイト」ご案内

「詳細サイト」閲覧

 ケーススタディ

工務店の「存続」

▽工務店の「集客」

〔工務店の集客〕

 工務店の集客/工務店の地元密着型の特性を活かして集客をする

注文住宅の集客/注文住宅の魅力で集客する

「集める」から「集まる」へ/工務店の集客に適している

「集客」と「差別化」/「差別化」しても集客人数は増えない

〔集客〕

集客ステージ/現場見学会にわる「勉強会」には多くのメリットがある

「集客業務」を委託する/工務店が本業(設計・施工)で稼ぐ

〔イベント集客〕

ホームページ活用/「ネット経由お客さん」を集客する

現場見学会の成功/3つのキーワード

現場見学会の集客/集客戦略を変える

現場見学会のチラシ/成功する集客チラシの3テーマ

工務店の「営業」

 運営

ごあいさつ

運営企業の概要

パートナー募集

実践(会員)

住学教室

集客実務

営業実務

 
 
 
 

© 2013-2020  SUMAI-BUILCOM